消費者金融と銀行、おまとめローンで得をするのはどっち?

消費者金融であっても、銀行カードローンであっても、おまとめローンを利用することは可能です。

 

しかし、どちらの方が金利が低くて得をするのでしょうか。これらはかなりケースバイケースですが、金利だけを比較すると、消費者金融の方が低くなっている場合が多いのです。

 

 

銀行と消費者金融の金利の比較

 

100万円未満のおまとめローンの場合

約100万円前後のおまとめローンを利用する際には、金利額は一番大きくなります。それを消費者金融と銀行で比べてみると以下のようになります。また、銀行は通常カードローンの金利です。オリックス銀行が17.8%、じぶん銀行が17.5%、アイフルが15%、三菱東京UFJ銀行は14.6%、三井住友銀行と楽天銀行が14.5%と同じ、みずほ銀行が14%と、比較的、銀行の方が易いようになっています。

 

基本的には銀行の方が低金利、ということになっていますが、それでも、消費者金融のアイフルも、1%程度の違いですので、かなり低金利になっていることが分かるでしょう。アイフルは消費者金融の中でも、100万円未満のおまとめローンならば金利は一番低額となっています。

 

300万円のおまとめローンの場合

消費者金融で300万円のおまとめローンを行う際に、もっとも金利が安いのがプロミスです。ですので、プロミスと銀行カードローンと比較します。まず、楽天銀行が8.7%、三井住友銀行が8%、イオン銀行が7.8%、三菱UFJ銀行が7.1%、みずほ銀行が7%、横浜銀行が6.8%、そして、プロミスが6.3%となっています。

 

以上のことから、300万円のおまとめローンだと、消費者金融のプロミスがもっとも安くなっていますね。次に金利が低いのは横浜銀行ですが、利用できる地域が限られているので、地方の方ですと、銀行を利用する際には他の金利の高いところを利用することになります。それよりは、プロミスの方がお得になりますね。

 

300万円以上のおまとめローンの場合

300万円以上のおまとめローンの場合は、確実に銀行の方が低金利になります。300万円ならば、200万円以降はプロミスが圧倒的に低金利になるのですが、それ以上になると、やはり銀行の方が有利のようです。

 

というのも、そもそもプロミスではおまとめローンの融資限度額が300万円と設定されているために、それ以上の金額のおまとめローンは利用不可能なのです。

 

500万円の場合の金利

消費者金融の殆どが、おまとめローンは300万円と設定されていますが、アイフルは500万円まで、と設定されています。大手では最高金額ですので、この500万円でのおまとめローンを利用した場合の金利を銀行と比較してみましょう。

 

アイフル12%、オリックス銀行6.6%、楽天銀行6.4%、みずほ銀行5%、と、たった三つの銀行と比較しただけでも、アイフルの金利が明らかに高いことが分かりますね。借入先をまとめて、500万円以上のおまとめローンになる場合には、アイフルを避けて、銀行を利用した方がはるかに得だと言えるでしょう。

 

アイフルのメリットは少額融資時のみ

ですが、アイフルは前述したように、100万円未満の場合なら、銀行の金利と比較しても、それなりに安い金利率になっています。もともと、少額の借金の一本化が目的とされているために、アイフルはそのような金利を提示しているために、高額の借金の一本化はあまり向いていないのです。ですので、アイフルを利用する際にメリットを確実に受けたいのであれば、必ず少額の借金を一本化する場合に限りましょう。

 

消費者金融を利用するその他のメリット

以上のように、おまとめローンをする際には、融資金額によりますが、消費者金融のメリットを受ける場合は多いです。ですが、銀行の方が低いという場合もあり、かなりケースバイケースとなってしまっていますが、消費者金融の場合には銀行には無いメリットがあります。

 

それは何よりも、審査に通過しやすいということです。通常のカードローンの場合にも、おまとめローンであっても同様です。銀行の審査に通る自身が無い人の多くが、消費者金融のおまとめローンを利用します。また、銀行はあまりおまとめローンに積極的ではありません。

 

専用のコースを設けている場合もありませんし、積極的に行っていたとしても、おまとめ・借り換えOKと公式ホームページに載せているだけです。ですが、消費者金融ならば、おまとめローン専用のコースを用意している所があります。大手ではアコム、アイフル、プロミス、ノーローンがしっかりと用意しています。

 

おまとめローンを消費者金融で利用する際には、300万円まで、という制約はありますが、金利などを比較してみれば、条件は悪くはありませんので、一度利用してみるといいかもしれません。銀行よりも得をする場合にはぜひとも利用してみましょう。

最速キャッシング比較一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日