WEB明細の利用が便利です

ATMからキャッシングを利用すると、利用明細書が発行されます。これは銀行のキャッシュカードでATMを使用した際の利用明細書と同様のものです。これには今回いくら借り入れをしたか、いくら返済をしたか、また現在の借り入れ総額や残りの限度額といった内容が記載されています。

 

ATMを利用してキャッシングや返済を行った際、画面にその内容が表示されるだけで利用明細書が発行されないATMがあります。この場合、後日その内容が郵送で送付されてきます。それによって同居の家族がいる場合、キャッシングを利用していることがバレてしまうことがあります。

 

この利用明細書をネット上から確認できるWEB明細に切り換えることで、送付されてくることがなくなります。ネットから申し込みが可能な大手の消費者金融や銀行のカードローンでは、大抵このWEB明細が利用できるようになっています。

 

自宅に利用明細書が送付されてくるのが困る人は、このWEB明細機能を利用しましょう。

 

初期設定に注意してください

WEB明細が利用できる消費者金融や銀行でも、初期設定では郵送による送付になっていることが多くあります。このままにしておくと、ATMを利用して利用明細書が発行されなかった場合、その内容が郵送で送付されてきてしまいます。きちんとWEB明細に切り換えておきましょう。

 

WEB明細への切り換え方法は簡単です。利用している消費者金融や銀行のサイト、また専用アプリがある場合はそこから自分のIDでログインをして、自分の会員情報ページ内の”WEB明細の登録”などと書かれた部分から行うことができます。

 

これを行うことで、今後は利用明細書が送付されてくることがなくなります。ですがタイミング次第で、切り換えを行うすぐ直前に利用したような場合はその明細が送付されてくる可能性があるので注意してください。

 

利用明細書が送付されてくるのは

冒頭にも書きましたが、利用明細書はATMを利用した際に、その場で明細書が発行されなかった場合に郵送で送付されてきます。これはATMによって異なり、現金を引き出した際や返済を行った際に画面にその内容が表示されるだけのATMと、きちんとその内容が明細書として発行されるATMがあります。前者の場合、後日その内容の明細書が送られてくるという訳です。

 

このようなATMを利用しなければWEB明細に切り換えておかなくても利用明細書が送付されてくることはありませんが、1つ気をつけなくてはいけないことがあります。それは同一グループのATMを使用した場合でも、個別に違うケースがあるからです。

 

例えば同一チェーンのコンビニでも、店舗によって利用明細書が発行されるものとされないものがあります。一度そのチェーン店のATMで明細書が出てきたので、このチェーンのATMなら出てくると思い込んでいると、他の店舗では出て来ないことがあります。この場合はWEB明細に切り換えていないと、後日郵送で送られてきてしまうので注意が必要です。

 

利用明細書は封筒だけで分かる?

郵送で利用明細書が届いてしまった場合でも、外見からそれとは分からないような封筒になっているので、他人がパッと見ただけでそれが消費者金融や銀行からのキャッシングの利用明細書だとは分かりません。銀行の場合はその銀行名が記載されていますが、外から内容までは分からないので、まず問題はないといえます。

 

銀行から郵送で書類が届くことは誰にでもあることです。何かのサービスの案内が届くことも多いので、封筒を見られてしまってもごまかすことは簡単です。消費者金融の場合ですが、もちろん利用明細書在中などといったことは書かれていませんし、消費者金融の名前もどこにも記載されていません。なので外見からそれは利用明細書どころか消費者金融からの郵便であることも分からないようになっています。

 

送付者名は、サービスセンターや事務センターといったことだけが書かれていることが多いです。これだけで消費者金融と気付くのは、利用したことがある人くらいです。よって郵送で利用明細書が届いてしまっても、簡単に消費者金融を利用していることが分かることはありません。

 

ですが、何度もそのような送付者からの封筒が届くようなことがあると、何か怪しい郵便なのではないかと家族に思われてしまう可能性は否定できません。やはりWEB明細を利用できる場合は切り換えておくに越したことはありません。

 

無利息期間の条件になっていることもあります

大手の消費者金融のプロミスでは、このWEB明細を利用することが初回利用時の無利息期間サービスを受けられる条件になっています。郵送の手間が省ける代わりのサービスという位置付けなのかも知れません。

 

このような場合もあるので、WEB明細を用意している場合は積極的に切り換えておくことをおすすめします。

最速キャッシング比較一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日