銀行カードローンはいくらから借りられる?

銀行のカードローンの最少借り入れ可能額は10万円です。これは必ずそこまで借りなければいけないということではなく、限度額という話です。実際に借り入れを行うのはその範囲内の3万円でも5万円でも構いません。

 

つまり、10万円までという契約が最少になります。これは希望額によっても変わることがあり、また審査によってその人の返済能力から判断して銀行側が独自に設定することもありますが、10万円以下という設定はありません。

 

最初から10万円、30万円、50万円といった限度額別のコースが用意されているカードローンを提供している銀行がありますが、そういった銀行でも10万円以下のコースはありません。10万円が最少融資単位だと考えてください。

 

初回の利用では50万円まで

銀行のカードローンは限度額が高いことが多いです。例えばみずほ銀行では1000万円まで、三菱東京UFJ銀行では500万円までの融資を行っていますが、初回の契約では50万円までに設定されることが多いです。

 

少額の融資を希望した場合は10万円や30万円の限度額になることもありますが、最大でも50万円までになると考えてください。これは職業や年収などは関係なく、初回の融資でこれ以上の貸し出しは行わないということです。

 

最大融資額が大きい銀行でも50万円まで

上に挙げたみずほ銀行では最大1000万円までの融資を行っていますが、そのみずほ銀行でも初回の貸し出しは50万円までのことがほとんどです。いくら最高融資可能額が高くても、高額の融資は実績を積んでからになります。また最近ではネットからカードローンの申し込みができる銀行が増えてきました。

 

こういった銀行でも最高融資可能額に関わらず、初回の融資では50万円が限度のことが多くなっています。限度額はそこまで借り入れを行えるという文字通りの限度なので、少額の申し込みをした場合に50万円という限度額が設定されることもあります。

 

これはそれだけ信用されたということなので、悪いことではありません。もちろん借り入れを行うのは自分が本当に必要な額だけで構いません。少額の希望の場合に何故必要以上の限度額を設定するのかですが、それは信用できる人にならできるだけ多く貸し出しをしたいと考えるからです。よって限度額はその人の信用だともいえます。

 

銀行のカードローンは平均借り入れ額が多い?

確かに銀行のカードローンを利用している人の平均借り入れ額は100万円を超えていると言われています。初回は多くても50万円までなのに、と考えてしまうかも知れませんが、これはあくまで平均額だからです。例えば10人が借り入れを行っていて、1人が1000万円借りていれば、他の9人が10万円だったとしても、その10人の平均借り入れ額は110万円になります。

 

平均借り入れ額が100万円以上だと言われているのはこの原理からです。このように一部の人が高額を借り入れているため、平均借り入れ額が高額になっているだけで、誰でも高額の借り入れが行えるということではありません。

 

100万円以上の借り入れは銀行から

100万円を超える借り入れになると、消費者金融からではなく、銀行から行っている人が多いです。これはまず金利の面が挙げられます。消費者金融では最高金利は軒並み18%に設定されています。この金利は100万円未満の借り入れの場合に適用されるもので、100万円を超えると最高でも15%になります。

 

これは利息制限法での制限なので、どの消費者金融や銀行でも100万円を超える借り入れに対しては、これ以上の金利を設定することはできません。ですが銀行では元々最高金利が平均して約14.5%です。100万円未満の場合でもその数字で、100万円を超えると更に下がる傾向があります。よって消費者金融から借り入れを行うより金利が低く抑えられるからです。

 

また総量規制の対象外という点も大きいです。年収が多い人には関係がない話かも知れませんが、消費者金融では年収の1/3までの借り入れしか行えません。なので100万円を超えるような高額の借り入れ自体が行えないことがあります。銀行のカードローンにこの総量規制は関係ないので、年収に関わらず、高額の借り入れを行えるのです。

 

ですがもちろん銀行側がその人の返済能力から判断して、大丈夫だと思われる額までしか融資は行ってくれません。誰でも消費者金融より高額の借り入れができる訳ではありません。消費者金融よりは最高借り入れ可能額が多少大きいくらいに考えてください。

 

銀行は審査は厳しいことが多いです

銀行のカードローンの審査は消費者金融と比べて厳しく行われます。そのため審査に掛かる時間も長くなります。即日融資を希望する場合は注意です。少額の希望の場合は消費者金融の方が素早く審査が終了し、その日のうちにすぐに借り入れを行えることが多いです。

 

消費者金融でも最少の融資単位は銀行と同じく10万円です。ここまでの少額の借り入れを急いで行いたい場合、消費者金融を利用した方がいいかも知れません。ですが銀行の方が総じて金利が低く設定されているという利点があるので、銀行の審査に通るようであれば、消費者金融より銀行のカードローンを利用した方がいいでしょう。

最速キャッシング比較一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日