キャッシングの限度額と、金利や審査の関係について

キャッシングを利用する際、気になるのが希望限度額の問題です。限度額が高ければ、多くの借入金を手にすることができる一方、限度額が利息や審査にどういう影響を与えるのか問題になるのです。

 

消費者金融での借入最低額は特別に定められていません。しかし一般的な最低限度額は10万円が多くなっています。また申込者の職業や年収によっては50万円の限度額が与えられる場合があるものの、はじめての利用で100万円の限度額が与えられる場合はありません。

 

希望限度額については、多額の希望額を記入すればその分金利が安くできるという間違った情報が流通しています。高い限度額を希望しても、金利を抑える効果はありません。また高い限度額を希望すると、審査に悪影響を与える可能性があります。希望限度額については低い金額で申請したほうがよいのです。

 

限度額と借入金の関係

キャッシングに申し込むと、キャッシング会社から借入限度額が与えられることになります。しかしこの借入限度額は、融資に応じられる最大金額を定めたものであるため、必ずしもその金額まで借入しなければならないものではありません。

 

消費者金融での最低限度額は10万円の場合が多くなっていますが、だからと言って10万円借りる必要はないのです。10万円の限度額を利用して、3万円や5万円だけ借り入れても大丈夫なのです。

 

限度額が他社の審査に影響する

しかしここで注意が必要なのは、借入限度額が他社のキャッシングを利用する際に影響を与える点です。たとえば既にキャッシング会社から10万円の限度額を付与されている場合、他社の審査において既に10万円の債務を抱えている状態として判断されてしまうのです。たとえ3万円や5万円しか借り入れしていなくても10万円の借入がある状態として審査されてしまうため、他社における審査が厳しくなる可能性があるのです。

 

金融業では限度額を借入額と見なしてしまう

キャッシングやクレジットカードなど金融業の世界では、利用者が抱えている限度額を実際の借入額と見なしてしまいます。限度額が付与されていれば、いつでも希望すれば借り入れできる状態なので、実際の借入がなされている状態と判断されてしまうのです。そこでキャッシングの申込をし一定の限度額が付与されている場合には注意が必要です。というのも限度額が付与されているだけで、1円も借り入れしているわけでもないのに、新規のクレジットカードの申込に落とされてしまう可能性も出てくるからです。

 

限度額は10万円~50万円からスタート

初めてキャッシングに申し込んだ場合、多くの場合で10万円~50万円の限度額が付与されます。たとえ希望限度額を100万円と申請しても、その金額が付与されることはありません。付与される限度額については、申込者の返済能力を反映したものとなります。

 

学生やアルバイトなら10万円、正社員なら30万円、年収が多く勤続年数が長い人であれば50万円という形で、限度額は設定されます。限度額は利用に応じて見直されます。キャッシングを適切な範囲で利用し、確実に返済していけば、キャッシング会社の信用が増して限度額は増額されていきます。適切にキャッシングを利用していけば100万円の限度額が与えられるようになるのです。

 

消費者金融の最低限度額が30万円と言われる理由

各種サイトなどでは消費者金融の最低限度額が30万円とよく指摘されています。これには何の根拠もないものです。上述の通り学生などでは10万円の限度額が付与されることもあります。

 

消費者金融では10万円〜50万円の限度額が付与され、その中間値である30万円が取られたものに過ぎないのです。限度額は利用者の返済能力に応じて付与されるものです。申込者一律に設定されるものではないため、注意する必要があります。

 

実質的な最低限度額は10万円

限度額は利用者に応じて審査において設定されるものですが、多くの消費者金融において最低の限度額は10万円となっています。学生やフリーターなど返済能力が乏しい人物には10万円の限度額が設定されるようになっているのです。

 

そこでこの10万円が実質的な最低限度額と見ることができます。ここで最低限度額が10万円とされているのは、10万円以下の数万円レベルの限度額では、消費者金融が収益を獲得できないためです。審査やローンカードの支給といった事務手続きには費用がかかりますが、10万円以下のキャッシングに対する利息収入ではそれら費用の回収が図れないため、10万円が最低限度額となっているのです。

 

100万円までは、消費者金融の利息は変化しない

キャッシングにおける金利は、利用金額が多額になればなるほど低く抑えられます。逆に言えば、利用金額が少額だと金利は高くなってしまいます。そこで金利を低く抑えるために、希望限度額を高く申し込むように推奨される場合があります。しかしそれは誤りです。

 

高い限度額を希望するのは誤り

消費者金融では、利用金額が100万円を超えないと、金利はあまり変化しません。つまり100万円までの利用においては、公表されている年利の最高金利が適用される可能性が高いのです。消費者金融では銀行カードローンと異なり、借入金の金額に応じた実質年利の公表が行なわれていません。

 

金利は審査において決定される申込者の信用度(クレジットスコア)に応じて定められるため、実質年利の公表ができないのです。ただしアコムでは100万円までの利用は実質年利18%と謳われており、他の消費者金融も同様と考えると100万円までの利用で金利は大きく変化しないことが推測できます。

 

はじめてのキャッシングの利用において与えられる限度額は10万円~50万円です。限度額がどの水準になっても、限度額が100万円を超えることはないため、金利が変わらないのです。たとえ限度額を高く申し込んでも、金利が低く抑えられることはないため注意が必要です。

 

審査のためには希望限度額を低く申請することが大切

キャッシングの審査においては希望限度額を低く申告することが重要です。はじめての利用者が多額な利用額を希望すると、審査において借入金の使途についてキャッシング会社から疑われる結果となり、審査が厳しくなってしまう可能性があります。

 

仮に申込者の返済能力が十分にあると審査で判断された場合、希望限度額以上の限度額が与えられることもあるため、あえて希望額を高く申告する必要はありません。限度額を高く希望しても、金利を低く抑えられる効果はありません。高い希望限度額が審査に悪影響を与えるリスクを考慮し、希望限度額については必要な借入金額を記入することが大切となってきます。

最速キャッシング比較一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日