学生アルバイトでも成人していれば、キャッシングの利用は可能

アルバイトが生業のフリーターでもキャッシングを利用することはできます。しかしキャッシングの利用には審査に通過する必要があります。収入源がアルバイトである場合、審査に通過するのは簡単ではありません。

 

審査では収入や勤続年数、他社からの借入状況や過去の信用情報などを総合的に検討して、判断が下されます。審査における絶対的な基準はありません。アルバイトをしていれば審査に通過できるというわけではないのです。

 

アルバイトでも申込めるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

キャッシングの審査では総合的に判断される

キャッシングの審査では、申込者がフリーターでも。正社員や契約社員の場合でも、常に総合的な判断が下されます。一つの条件だけ良くても他の条件が悪ければ審査を通過できず、一つの条件が悪くても他の条件が良ければ審査に通ることもあるのです。キャッシングの審査では、様々な条件を総合的に判断されるため、多くの項目において良い条件を備えていることが大切となるのです。

 

大切なのは借入状況と信用情報

審査において第一に重要となるのが、他社からの借入状況と信用情報です。他社から多額の借り入れがある場合、いくら収入があっても他社へ返済する必要があるため、新たな融資には応じられない場合が多く、審査で落とされる可能性が高くなります。また融資の総額を年収の1/3に限定する総量規制に抵触する可能性も出てくるため、借入状況が悪化している場合には、どのような職業でも審査で落とされやすくなります。

 

信用情報も重要です。信用情報は過去の借り入れやクレジットカードの支払履歴などを記録したもので、重度の延滞を発生させたりすると信用事故として記録されることになります。信用情報が悪化している場合には、金融機関からの信用を得られないために、職業や年収とは関係なく審査で落とされる可能性がでてくるのです。

 

月収が5万円ほどあれば、10万円の限度額が与えられることも

月収がいくらあれば審査に通るという明確な基準はありません。しかし他社からの借入れがなく、信用事故を発生させていなければ、つまり顧客として問題がなければ月収が5万円ほどあれば10万円の融資限度額が与えれられることが多くなっています。アルバイトで月収5万円というのは特別ではありません。そこで多くのフリーターは10万円の融資であれば受けることができるということになるのです。

 

アルバイトでは勤続年数が重要となる

アルバイトを本業としているフリーターがキャッシングに申し込む際、特に重要となるのが勤続年数です。勤続年数は雇用の安定度を図るバロメーターとなっており、勤続年数が長い場合には雇用が安定していると判断されるからです。

 

勤続年数が長ければ、雇用が継続すると予想できる

アルバイトは正社員などと比べ雇用が不安定です。正社員のように雇用が守られてはないため、勤務しているお店が閉店などすればすぐに解雇され、さらに辞めやすくなっています。雇用が不安定なアルバイトに対しては、キャッシングの審査は厳しくなりがちです。

 

ここで勤続年数が長い場合、その職場にこれからも在籍することが予測できます。突然、解雇になったり辞職する可能性が少ないため、キャッシング会社も安心して融資することができるのです。そこでアルバイトにおいては特に、勤続年数が重要視されています。

 

勤務先が大手であると、審査で有利になる

正社員や派遣社員と同様に、アルバイトでも勤務先が大手の会社や組織である場合には審査で有利に働きます。勤務先が堅実な会社であれば、突然解雇されたりする危険性が少ないからです。逆に、たとえば水商売のように、収入が高くても離職する可能性が高い勤務先である場合には、審査で不利に働く可能性があります。

 

学生でもアルバイトをしていれば、キャッシングは利用可能である

キャッシングの利用は成人に限られているため、未成年は利用することができませんが成人している大学生でアルバイトでは、キャッシングの利用は可能です。

 

しかし学生の利用が可能かどうかはキャッシング会社の基準によって分かれているのが現状です。

 

大手の消費者金融はアルバイトをしていれば利用可能

大手の消費者金融は、学生でも成人してアルバイトにより収入があれば、キャッシングの利用が可能となっています。ただし総量規制の関係で、収入がない場合には成人していても利用することができないため注意が必要です。

 

銀行カードローンでは不可能な場合も

銀行カードローンは消費者金融と異なり、学生の利用を認めていない場合があります。たとえば横浜銀行カードローンやオリックス銀行カードローンでは、学生ということを理由に申込みを許可していません。

 

親権者の同意書が必要な場合も

さらに学生が利用する場合には親権者の同意書が必要となる銀行カードローンが存在します。三菱東京UFJ銀行のカードローンなどでは、親の署名が必要となるため、お気楽には利用できなくなってしまいます。このように学生アルバイトが利用するには、銀行カードローンは厳しい選択となっているのです。

最速キャッシング比較一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日